とりあえず毎年やってる食事制限

僕がダイエットをはじめることを決めると、まずはかみさんにそれを報告する。食事を作ってるのはかみさん。ダイエット中にはダイエット中なりの食事に切り替えるってわけです。

「明日からダイエットはじめるよ」

「そう。今年遅いからやんないのかと思ったわよ」

毎年春にダイエットするのが恒例なもんですから、かみさんの反応は至って普通です。今年は例年以上に体重増えちゃってたからかみさんは心配してるかと思ったんですけど、そんなことは無かったみたいです(苦笑)。

「今年はどうするの? またいつもの使うの?」

「うーん、そうだなぁ。とりあえずはそれでいいかな。あんま制限すると仕事の元気なくなっちゃうし」

「そうね。分かった」

かみさんの言う“いつもの”というのは、僕だけのダイエットメニューってやつです。食事の量を減らすわけなんですが、具体的にはご飯の量を極端に減らすんです。僕は大飯食らいなので、毎日どんぶり茶碗で白米を食べてます。普通のお茶碗サイズの3倍くらいが1杯の量になります。これをダイエット中は普通のお茶碗に変えるんです。おかずは普通に食べます。

ごはんはダイエットの大敵なのだ!

ご飯の量が極端に減るとおかずを食べる量がどうしても増えちゃいます。だからおかずもカロリーが低いものを多くそろえるようにしてもらってます。なるべく油を使わない調理方法にしてもらうとか、脂身の少ない肉を使ってもらうとか。

それから味を薄くもしてもらいます。味の濃いおかずをたくさん食べれば塩分の取りすぎになっちゃいますからね。

僕のおかずとかみさんや子どものおかずを特別分けたりはしないので、僕のダイエット中のおかずは基本的に薄味になります。なもんですから、子どもからはブーイングが聞こえてきます(苦笑)。特に下の息子は毎日大量の汗をかいて遊びまわってるので、薄味では全然駄目のようす。しおやしょうゆ、ケチャップで味を付け加えてます。

○○は食べない! っていう制限はしません。なんかストレス溜まっちゃいますからね。強いていうなら肉の脂身を控えるくらいですよ。後はさっき言ったように、ご飯の量を大幅に減らして薄味のおかずをたくさん食べるようにすること。ご飯を制限するってのが、僕のダイエットまず第一の秘訣なんです。